共感疲労というもの

有限会社 川辺薬局

099-267-5058

〒891-0141 鹿児島県鹿児島市谷山中央7-25-5

営業時間 / 9:00~19:00 定休日 / 日曜・祝日

共感疲労というもの

つれづれ漢方相談子宝カウンセラーブログ

2020/07/13 共感疲労というもの

 

 
熊本県南部を襲った大雨は甚大な被害を出し
後片付けに追われる人々の姿は疲労と悲哀の
様相が混ざり合ってとても他人ごととは思え
なくなってきます。
 
 
何かお手伝いでもと思うのですが、そこはコ
ロナ禍のご時世、ボランティアも熊本県内の
人に限定されているとの事…。
 
 
 
特に鹿児島ではコロナクラスターの大型が発
生して、気持ちの上でも緊張状態が否応もな
く継続している状況です。
 
 
 
毎日、TVで朝から晩まで被害の様子や、コ
ロナウイルスの発生状況を伝えられると映像
の中の事柄と自分の境い目が分からなくなっ
て、凄惨な現場を実体験しているかのように
共感してしまいます。
 
 
この共感の度合いは認知機能が衰え合理的に
考えるより、喜怒哀楽の感情を出し易いお年
寄りに多く、TVに映る凄惨な状況を感情優
先で見た結果、あいまいな不安を感じ取って
被害者と自分を重ね合わせ、心が苦しくなり
憂うつにもなって、食欲も無くなり、体がだ
るくなって、次第に痩せて衰弱してきます。
 
 
このような精神疲労を「共感疲労」と言って
当店でもこのところ、このようなお年寄りか
らのご相談が増つつあります。
 
 
前回の不安やストレスとどう向き合えばの回
でも申し上げた漢方やサプリも使いますが、
お年寄りの場合、食欲を出す生薬として人参
剤なども検討することになります。
 
 
やはり、現実の自分とまともに向き合うこと
が大切になります。

 

 

 

かわなべ薬品

電話番号 099-267-5058
住所 〒891-0141 鹿児島県 鹿児島市 谷山中央 7-25-5
営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 日曜・祝日

TOP