子宮内膜症が増えています パート2

有限会社 川辺薬局

099-267-5058

〒891-0141 鹿児島県鹿児島市谷山中央7-25-5

営業時間 / 9:00~19:00 定休日 / 日曜・祝日

子宮内膜症が増えています パート2

漢方相談女性不妊子宝カウンセラーブログ

2021/01/28 子宮内膜症が増えています パート2

 

 
今日は昨日に続いて、子宮内膜症のお話しですが
子宮内膜症がなぜ不妊の原因になるのかについて
書きたいと思います。
 
 
 
膣から排出されるはずの月経血の一部が卵管を
通って腹腔内に逆流する現象が起きて、その
刺激で漿膜などの細胞が子宮内膜細胞に似た
組織に代わってしまうので、卵管が狭くなったり
炎症を起こしたり、また卵巣に飛ぶと、卵巣が
周囲の臓器と癒着したりで組織が変形して
妊娠しづらい状況が出来てしまうのです。
 
 
 
組織の変形が、排卵を妨げたり、卵子の質を
下げたり、卵管の通りを悪くしたり、排卵
された卵子を卵管に取り込むことが出来なく
なったり、着床しづらくなったり、卵子に
向かって泳ぐ精子の邪魔をしたりといった
ものです。
 
 
肉類の食事が多い人や、乳製品、動物性脂肪を
多く摂る人ほど発症しやすく、野菜や果物を
多く摂る人ほど発症しにくいとの報告がある
ため…
 
 
大豆食品やブロッコリーなどのアブラナ科の
野菜や、食物繊維を多めに摂る。
 
 
 
オメガ3系脂肪酸を多く摂るようにし、
トランス脂肪酸を摂らないようにする事で
炎症を起こしにくい体質になるなどの食養生が
推奨されています。
 
 
 
また、子宮内膜症の改善には、腹部の血行を
改善する当帰や人参を含んだ漢方や、炎症を
軽くする松こぶエキスや、水溶性食物繊維の
クマ笹エキス、女性ホルモンの分泌を調整して
くれるショーキT-1などのサプリの服用が
お勧めです。
 
 
 
子宮内膜症の改善には、食事のウエートが
大きいようですから、早めに気づいて、日々の
食事を改良していくことも大切です。

 

かわなべ薬品

 

 

不妊相談
 
更年期相談
 
女性病相談

電話番号 099-267-5058
住所 〒891-0141 鹿児島県 鹿児島市 谷山中央 7-25-5
営業時間 / 9:00~19:00
定休日 / 日曜・祝日

TOP